メインイメージ

最近、子どもの頃読んでいた「絵本」を読みました。
大人になった今だからこそわかる素晴らしさがあり、みんなにもぜひ読んで貰いたいと思い「絵本」についていろいろ調べてみました。

絵本とは

絵本(えほん)とは、その主たる内容が絵で描かれている書籍のことである。幼児や児童向けの内容のものが多いが、大人が読んでも読み応えのあるものや大人対象の絵本もある。

絵本は、それ自体は絵画(イラストレーション)を主体とした書籍のうち、物語などテーマを設けて文章を付与し、これを読ませるものである。しかし幼児向けのものでは、幼児自身はまだ十分に文字が読めないため、大人や年長者が物語を読み聞かせつつ、絵を眺めさせるという形態が一般的である。これによって言葉とイメージ(視覚から得た情景)を関連付けさせ、言葉の意味を学習する一種の家庭教育的な効果も期待されるが、より日常的な場では、単に娯楽という側面が強い。また児童向けのものでは、絵本の文章は情景を示す物語ではあるが、絵のほうから得られる副次的な情報が、文章の説明を補足する性質も見られる。

絵図の内容は、これと同時に掲載される文章に基づくものであるが、絵本自体は物語のみには限定されない。